ギャンブルは多くの借金の原因となります

最近では大変多くの方が借金等で苦しんでいます。
お金は多くの方にとって大変重要な要因となります。
より多くの方にとってギャンブル等の遊興は大変重要な要因となりますが、普段から中々自分の思うような成果を上げるのが難しいのがギャンブルなのではないのでしょうか。
仕事や普段の仕事等にストレスを感じる方が大変多いのが現実ですが、自分なりのストレス発散方法を真剣に考えていかないと最終的には金銭的な面で大変大きな苦しみを自分自身が得る事となります。
いかにして自分のお金を適切んじコントロールするかは大変重要な問題となるのです。
ストレス等でギャンブルを行なう方が大変多いのが特徴ですが、あくまで自分の収入に応じて節度を持った使い方を考えていく必要があるのです。
お金をより有意義に使う事で自分の人生は大変実り多いものとなっていくのです。
ギャンブルで多くの金銭を浪費して最終的にそれが自分の多重債務の原因となったような場合は自己破産の対象とはなりません。
自己破産は全ての債務が帳消しになる救済措置ですが、それはあくまで普段、堅実な生活をしていた人間がやんごとなき事情で陥った場合に適応されるのです。
身勝手な浪費で陥った債務超過は個人再生で救済される場合が多いのです。
この方法を使用する事で債務の大幅な減額を行った上で一定期間で返済を行っていくのです。
しかし、多額の負債を抱える方にとってはこのような方法でも十分な効果が得られるので十分に検討していく価値はあるのです。

周りで借金している人について

私の周りで借金をしている人はけっこういます。ずっと連絡をとっていなかった学生時代の友人から、久しぶりに連絡がきたんです。嬉しくて話をしていたら、急にお金を貸してほしいと言われました。最初冗談かなぁと思っていたのですが、ホストに貢いでお金がなくなってしまった、借金を返済したいけれどできない、お金を少し貸してほしいと言われたんです。

かなり追い詰められた状態だったので、貸そうかなと思ったのですが、私がお金を少し貸してもきっと解決にはならないと思ったので断りました。それから全然連絡がとれなくなってしまいました。もう友達ではなかったんだと思います。でも学生時代の思い出があり、切なくなりました。借金のせいで彼女はかなり変わってしまったと思い怖くなりました。

会社の人でギャンブル好きの人がいるんです。その人もかなり借金をしているようで、会社の人たちにお金を貸してくれと言っていると噂になっています。幸い私は貸してほしいと頼まれていませんが、みんな不快に思っています。借金してまでギャンブルするなんて考えられません。きっと病んでいるんだと思います。家族か親しい人がなんとかしてほしいと思ってしまいます。

私も以前借金をして借金はするものではないとわかりました。借金はお金をもらえるのではなく、貸してもらえるということなんですよね。勘違いしてしまいそうになってしまいます。できるだけ借金をしないように節約しながら生活をしています。

絶対に借金の返済できると思わない限り借りてはダメ

借金をしたことがあります。借金はしたらだめだと自分は思っています。最初は少ないお金を借りていたのですが、だんだん大胆になってきて、どんどん借金が増えていき、最後には自分では借金の返済が困難になっていました・・・。とても反省をしています。

家族には迷惑をかけたくなかったのですが、家族に電話をして返済をしてもらいました。今は家族にお金を返している状態です。上手に借金をできる人なら良いと思いますが、私のように借金をしている感覚が薄れてしまって、お金を次から次へと使ってどんどん借金をするお金が増えてしまう人はすごく注意をしなくてはいけないと思います。

いつでも冷静に、借金をしている自分をわかっていなければいけないですし、借金は本当にお金に困った時だけ利用すべきだと私は思っています。最初に借金をした時は本当にお金に困っていました。そしてきちんと返済をしました。でもいつしか贅沢をするために借金をするようになったのです。欲しいものがあったり、旅行に行ったり、お金がないなと思ったら気楽に借金を繰り返してしまいました。

返済のことが頭から薄れてしまっていたのです。こんな自分が大嫌いで情けないです。借金をこの先しないつもりですが、もしするとしたら絶対に返済できると思わない限りしません。家族には絶対に迷惑をかけたくないです。家族から泣かれました。借金はとても怖いです。自分の性格まで変わってしまいました。借金はしないほうが良いと思います。

借金をして苦しくなりました

買い物依存と借金で苦しんだことがあります。ママ友達がブランドものをよく身に着けているので、私は自分が恥ずかしくなりました。いつも安物を身に着けているからです。正社員で働いていますが子供が三人いて、しかも夫は安月給なので経済的に貧しいのです。借金をするようになってしまいました。

もちろん夫には内緒にしました。夫に借金をしていることがばれてしまったら、離婚されてしまうかもしれないと思ったのです。ブランドものを身に着けることですごく気持ちが安心しました。ママ友にバカにされなくなり、毎日が楽しくなりましたが、借金をしていることが胸の奥にずっとあり、借金をやめなくてはという気持ちと、借金をしてもブランドものを身に着けないといけないという気持ちがぶつかり合って苦しかったです。

そんな私の状態を夫がわかったようで、何か隠していることはないかと聞かれて、全て言いました。夫は怒りはしませんでした。夫の貯金で返済をしてくれたことで、心がとても軽くなりました。借金のせいでこの先どうなってしまうんだろうって怖くなりました。やっと目が覚めました。夫はとても優しい人で本当に助かりました

そのママ友たちと付き合いをやめることで買い物依存も良くなりましたし、安心して暮らせるようになりました。借金をすることで借金って怖いとわかりました。もう借金はしたくないです。便利ですが、お金は必ず返さないといけないんですよね。それを絶対に忘れたらだめだと思います。

借金の理由について

借金という言葉を聞くと、多くの方があまり良いイメージを持たないかと思います。しかし借金というのは読んで字のごとくお金を借りるということですので、なにもお金を借りるというのは後ろめたい理由だけではないでしょう。例えばマイホームや車のローンです。人生において大切なものを購入するという有意義な理由ですし、ローンを組む際には銀行としっかりと相談をして借りることになるので返済計画もきちんとたてることができます。
反対に後ろめたい理由というのはギャンブルなど無計画なお金の使い方をしてしまい、生活費が足りなくなってしまうといったことでしょう。この場合、もしかすると審査に通らずに銀行で借りることができないことも考えられます。すると比較的審査の甘いキャッシングなどを利用することになりますが、その流れが癖になってしまいどんどんと債務が増えていってしまう可能性も否定できません。離職やボーナスカットなどの万が一の可能性を考えずに、ボーナスで返済すれば良いだろうといった考え方をもつのも危険なので注意が必要です。
どうしてもお金が必要となってしまうこともあるかと思いますが、借金をする際には事前にしっかりと計画をたてることが大切だと言えるでしょう。

周りに合わせようとブランド品を買い借金

ママ友と付き合いって大変だなと思います。うちの夫は安月給ですがママ友の旦那さんたちはすごく稼いでいるようで、毎回ランチ代がびっくりするほどとても高く、でも付き合いだからと頑張ってお金を出して付き合ってきました。

私は働いており、平日休みの日にランチに誘われていました。共働きなのになぜうちは貧乏なのかと悲しくなり、専業主婦のママ友達にバカにされないためにもブランドバッグを買ったり、ブランド服を身に着けるようにして、見下されないように努力をしました。

その結果、借金をすることになりました。もちろん夫には内緒です。ママ友達が私が借金をしてまで頑張っていることを知らないです。絶対に借金をしていることは誰にも知られないようにしようと思ったのですが、夫に気づかれてしまいました。

私が身に着けている高価なものを見て、どこにそんな金があるんだと問い詰められたのです。もうだめだと思い白状しました。夫はびっくりして何も言えずにしばらく私を見ていましたが、そんな付き合いはやめてしまえとポツリと言われて、夫の独身時代に貯めたお金から返済をしてくれたんです。自分が情けなく思いました

借金をしてしまうと金銭感覚がおかしくなり、自分のお金だと思ってしまっていました。